日英同盟

2017.09.28 Thursday

0

    今日もちょっと堅い話。出自が出自ですので、つい堅い話になっていけませんや。

     

    先日、英国のメイ首相が来日し安倍総理と会談しました。ややこしい国から発射されたミサイルが我々の頭上を飛び交う今日、日英の首脳会談は多くの成果があったと推察します。なかでも、小野寺防衛大臣がメイ首相を護衛艦に案内している報道があり、大変嬉しく思いました。とても意義ある、歴史的な出来事です。東アジアや朝鮮半島の情勢が混沌としているこの時期に、英国軍の最高指揮官を我が国最新鋭かつ最大の護衛艦に招くという、安倍総理(官邸)の外交センスが素晴らしい。戦後、歴代の政権では見ることができなかった着意着眼ではないでしょうか。誠に僭越ですが、現政権は海軍とは何か、即ち海軍力の意味を理解している。総理ご自身の感性は勿論のことですが、これを進言する、或いは進言できる優秀なスタッフを抱えているのだと思います。

     

    私が海上自衛隊に入って駆け出しの頃(昭和57年:1982)、フォークランド紛争がありました。メイ首相が「いずも」で儀仗を受けている姿をテレビで観て、毅然としてアルゼンチン沖に艦隊を派遣した鉄の女、サッチャー首相を思い出しました。これは単なる感傷です(笑)。その後、海上自衛隊の大先輩が「フォークランド紛争の教訓」と題する論文を纏めておられますが、我々は英国及び英国海軍の、同紛争への対応(国家戦略から戦術まで)から多くのことを学びました。

    とりわけ、短時日の間に商船(タンカー)を仮性の空母に改造したことが、強く印象に残っています。アンドルー王子 がヘリコプターのパイロットとして従軍されたのも、青年士官の私には大きな驚きでした。まさにノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)。

     

    日本とイギリス(英国)の間には、皇室をはじめとして長年にわたる友好の歴史があります。帝國海軍並びに海上自衛隊と英国海軍も、その一翼を担っていると思います。戦火を交えた、不幸な時期もありましたが。

    帝國海軍は、その思想(考え方)や技術をイギリス海軍に学びました。そして、戦後の海上自衛隊は、アメリカ海軍の文化を吸収しました。即ち、今日の我々(海自)の文化は、イギリス海軍とこれを咀嚼した帝國海軍、そしてアメリカ海軍の文化が融合したもの、と言うことができます。草創期の我々(帝國海軍と海上自衛隊)にとって幸運だったのは、実はそれは先達の先見によるものですが、時の世界第一級の海軍、即ち帝國海軍はイギリス海軍を、海上自衛隊はアメリカ海軍を先生にしたことです。当代一流の先生に学ぶのと、そうでない人から教えられるのでは、生徒の成長には天地の開きがあります。

     

    日英同盟の締結は明治35年(1902)、その三年後(明治38年:1905)に日本海海戦です。以前のブログでも書きましたが、日本海海戦では日英同盟が大変有効に機能しました。我が国は、英国並びにイギリス海軍に大いに助けられたということです。東郷司令長官を指揮官とする聯合艦隊が待ち受けるのは、大航海を強いられているロシアのバルチック艦隊です。当時の艦隊の能力からすれば、北欧バルト海から極東のウラジオストックに回航するだけで大変な事業(作戦)です。半年間、インド洋に展開してそのことを体で知りました。

    なかでも、何日かごとに寄港して行う補給、即ち石炭の搭載は死活的に重要です。英国は日英同盟にしたがって、ことごとくこれを邪魔するように動いた。艦隊を率いる司令官の性格や能力も相俟って、やっとの思いで対馬沖にたどり着いたバルチック艦隊の内情は、戦う前からヘロヘロ状態。迎え撃つ我が聯合艦隊は、例えは悪いですがゲートインした競馬のよう。砲身が赤くなるほど徹底的に事前訓練を行って、心・技・体ともに充実している。帝國海軍は、世界の海戦史に残る大勝利を収めましたが、日英同盟の恩恵は大きかったと思う。

    東郷さんは聯合艦隊の解散に際して「勝って兜の緒を締めよ」と訓示したが、さてその後の海軍はどのように生きたか・・・。結果が全てを語っている。

     

    時は流れて大正3年(1914)、サラエボ事件が引き金となって戦火は欧州全域に拡大し、第一次世界大戦が勃発した。同盟国であるイギリスの商船隊は、ドイツのUボートに苦しめられて瀕死の状態に陥る。英国は日本に対して、地中海に艦隊を派遣するようヤイノヤイノの催促。そりゃそうですわな。簡単に言えば、困ってる時には助ける、お互いに。それが同盟ってもんです。しかし、この国は昔からなかなか動かん。日本にとって地中海は、かつても、そして現在も遠いのです。国内において喧々諤々の議論の末、やっとこさ特務艦隊を編成して派遣した。それでも派遣された先人は、異郷(地中海)において大いに気を吐いた。女王陛下から勲章をもらうほどの戦果を上げた。お蔭で日本は戦勝国になり、漁夫の利を得ました。

    その後、我が国は徐々に先が見えなくなっていきます。大正10年(1921)、ワシントン軍縮会議の結果、日英同盟は消滅(廃棄)します。細部は端折りますが、先手を打つアメリカの方が一枚も二枚も上手だった。アメリカという国は、とてもピュア(純粋)な一面を有するが、一方で戦略的に発想する。

    因みに、私が描いた『ソロモンに散った聯合艦隊参謀』の主人公「樋端久利雄」は、海軍兵学校入学前の中学4年生にして「天ニ二日ナシ海ニ二覇アルベカラズ」と喝破し、近い将来、日米両雄が太平洋において対峙することを予期した。勿論ネット情報などない、新聞さえおぼつかない大正9年(1920)のこと。恐るべき中学生。

     

    我々は、何のために歴史を学ぶのか?そこから、現在や将来の在り方を占うため。それがなきゃ、単なる物知りに過ぎん。物知りが悪いとは言わんが、知識はあくまでも道具で使ってなんぼ。

    見通し得る将来、間違ってもアングロサクソンとの関係(同盟)を絶ってはいけない。どんなに優秀な先生が、どんなに論旨明快に反論して下さっても、この考えは変わりません。40年間、海上防衛の最前線に立ってきた私の、ひとつの帰結です。 

     

    哲学って言えるほどのものはな〜もない。言い訳がましいですが、直感で生きてるから理論的には説明でけん(笑)。ご容赦ください。

     

    【高嶋博視のオフィシャル・サイト】

    http;//www.umihiro.jp

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする