ボンビーおやじ II

2018.05.24 Thursday

0

    古い話で恐縮です。歳が寄ると昔のことしか発想が湧いてこんのです。

     

    先日、友人と懇談していてカバンから、おもむろに年代物の手帳(ビジネス・ダイアリー)を持ち出したところ大層驚かれました。あまりの汚さに(笑)。

     

    平成5年(1993)の夏、勇躍成田を発って北欧(ノルウェー)に向かいました。如何せん田舎者ですから、出国前の数か月間は海外赴任(大使館勤務)の準備に追われました。大借金して色々なものを購入したのですが、その中の一つに黒革の手帳ならぬ、黒いレザー張りのビジネス・ダイアリーがあります。ブランド(というほどのものではありませんが)は、チエコサク(CHIEKO SAKU)だったと記憶しています。大きさは6穴のB6サイズ。恥ずかしながら、この手帳を今も使ってます。良いものは何年たってもいいのです。3年間の海外勤務を終え、帰国してからもずっと使ってます。今年が平成30年だから、実に25年物の手帳です。この手帳は私と共に四半世紀を生きてきた、謂わば同志でありお宝でもあります。

    正確に言いますと、この間に3年ほど浮気をしました。スマホを購入してからは、それでスケジュール管理をしていたのです。その時はダイアリーに比べて便利だと思ったのです。いや本当は他の人がそうしているのを見て、メモを持たない生活がちょっとカッコよさそうに見えた(笑)。もうメモ帳やペンなど持ち歩く時代じゃないよ、これ(スマホ)ひとつで何でもできるんだ。って周りの人たちにさんざんホラ吹いてました。

     

    ところがところが、忘れもしない昨年の9月5日(火)、酒を飲んだ勢いで誤ってスケジュールを全件削除してしまった。酔いは一気に醒めて青くなりましよ。過去のデーターは諦めるにしても、問題は明日からの予定です。私は概ね半年先までの予定を計画し、随時これを修正し確定していく主義です。向こう1か月のスケジュールは何とか白髪頭に入っていたのですが、それでも曖昧なところやどうしても思い出さないものもあります。恥を忍んで会合の相手さんにお尋ねし、何とか行動計画を繋いでいきました。もし、お断りもなく参加していない会合などがありましたら、この場にてお詫びします。ゴメンナサイ。本当に情けないったらありゃしない。デジタルの危うさと怖さを痛感すると同時に、アナログの効用と必要性をつくづく感じました。どんなに科学が発達しても、人間はデジタルだけでは絶対に生きてゆけない。そして翌日9月6日から先祖返りしたってわけ。何やっとんじゃ、恥ずかしい65歳(当時)。

     

    しかしボンビーおやじの偉いところは、そんなことでメゲナイって言うよりも頭の切り替えが早いこと。更には、手帳の中身(用紙)です。再開が9月ですから、当年度分のカレンダーなど売ってるはずがありません。そこで、所謂定型のメモ用紙(横線の入っただけのもの)のストックが大量にあったので、これを利用して自分でカレンダー(ダイアリー)を作成しました。曜日などを間違えないよう、スマホのカレンダー見ながら(笑)。なに簡単、月日と曜日を入れるだけです。勿論、今年もお手製のダイアリーを使ってますよ。向こう4〜5年分は用紙があります。手書きでカレンダー作るのって楽しいですよ。

    下の写真は25年物のCHIEKO SAKU。黒革からまだらのグレーになってしまいましたが、ここまで使うと作製した人も嬉しいでしょうね。ミキハウスから感謝状が来そうだ(笑)。私のことですから、あと5年や10年は使うと思います。この世におれば・・・ですが。

     

    もひとつ行きましょうか!

    ここ半年間でおよそ5キロ体重が落ちたお陰で、若い頃に求めた古いパンツ(ズボン)やスウェット・シャツ(トレーナー)、ブレザーや背広などが余裕で着れるようになりました。ただ残念なことが二点あります。一つ目はベルトの穴が足りなくなって、ベルトをしてもフラフープ状態になったこと。これは元の方を切って調整しました。次は、30年ほど前と現在ではかなり流行りの型が違っていること。今時は、ゆったりしたパンツやパンタロン風のズボンを履いてると、如何にもおっちゃん的でダサく見られるらしい。私はまさしくおっちゃんだし、むしろお爺さんの領域に入りそうなので一向に気にならないのですが、「折角シュッとしたのだから、顔だってまぁまぁなんだから(とは誰も言わないですが)細身のパンツをはいてはどうか」って言う人もいます。

    まそれはどうでもエエんですが、昔、乏しい予算を無理して購入した良質のもの、例えばバーバリーのブレザーなんかはやはりいいですね。型が古くてもまたそれがいいし、着用して全く違和感がない。女性がお祖母さんやお母さんのお召し物を着こなす、ってのはとても粋でカッコいいですよね。そんな感じかな。着るもの身に着けるものは、必ずしもブランド品には限らないですが、質の良いものを求めた方がいいと思う。結局それがシマツ(節約・倹約)になるし、高価なものは長く大切に使うので、おそらく子供や孫が使ってくれます。居なくなった途端にゴミに出されれば、それはあなたの人徳(笑)。それだけの人間だった、ってこと。

     

    【高嶋博視のオフィシャル・ブログ】

    http;//www.umihiro.jp

     

     

    博海堂

     

    追伸 つい最近、誤って削除したデータなどは、簡単に復元できることを知りました。上手くできてるもんですね〜デジタル。同時にちょっと怖い。なので、スケジュール管理は今後ともアナログで行きます。朝起きて「今日は〇月〇〇日〇曜日」をカレンダーで確認整合し、黒革の手帳にチェックを入れるのが楽しい。本当はそうでもしなければ、毎日が日曜日の年寄りには「今日が何月何日何曜日」なのか分からないのです(笑)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする