新世界 II

2018.08.27 Monday

0

    台風20号が、郷里(さぬき)にいる子供たち(パパイヤ)を襲っている頃、私の声が徳島の電波局(FMびざん)から世界に流れました。正直に言います。素晴らしい放送でした(笑)。

     

    どなたが付けたネーミングか存じませんが、番組名「おとなの上質」という言葉が持つリズムと響き、これがテーマ曲と実に上手くマッチングしている。何となく意味深長でちょっとけだるいようなバック・ミュージック、しかしながら決していやらしい感覚はなく、夜の少し遅い時間に大人が聴く番組、という印象です。そして、パーソナリティ田岡批呂子さんの声と語りが、その場を或いは聴く人々を優しく包み込む。私が上手くそこに入り込めたかどうか、自信はありませんが、それは聴いた人たちが評価されるでしょう。

     

    前回も言いましたが、この収録には何のシナリオも脚本もありません。勿論、事前に「こんな質問をします」もなかった。全ては田岡さんの頭の中です。30分前に入局して名刺交換をした後、収録までの間に世間話をしただけです。他愛もない話を通じてMCの田岡さんは、準備してきた脚本を少し修正されていたのでしょうか。時々、メモを取っておられました。だから、私にとってはまさしくぶっつけ本番。それが証拠に、質問された私が「う〜ん・・・」ってのが、一時間のうちで2回ほどありました。それ以外の質問は、私が反応・回答し易いように準備されていました。

    どこまで自分が好きなのって家人にはよく笑われますが、私の人間的な良さみたいなものが上手に引き出されている。と思う、本人は。また、田岡さんも私も比較的ゆっくりした口調だったので、大人っていうか熟年の方々には聴きやすかったのではないでしょうか。

    ま、これが我田引水の全般的な評価かな。良かった、よかった(笑)

     

    しかし、Old Sailor は多少怜悧な目も持っています。

    反省点として、私は活舌ではありません。素人なので仕方がないと言えばそれまでですが、人前で気の利いた話をするのは昔から不得意でして、結構場数は踏んでるはずなのですがなかなか上手になりません。講演などでも、シドロモドロになることがあります。そんな時にはいつも、「ペットボトル(水)の代わりにビールを置いててくれれば、軍の秘密でもなんでもベラベラしゃべるのに」と言って笑いを誘うことにしてます。特に今回はぶっつけ本番の旅なので、申し訳ないのですがお聞き苦しいところが散見されます。ところで、前回のブログで「拙著三冊の紹介は饒舌に過ぎるので、カットされるのではないか」と予防線(戦)を張ったためか、そのまま流してくれてましたね。これは、ちょっとした私の戦術(圧力)、決して切るんじゃね〜ぞ、と。

    それと、自分のことなので、大変言い辛いのですが敢えて言います。今回の話は私の半生の入口と出口に多くの時間が割かれているので、アンコがちょっと少な目かな。勿論、オーラル・ヒストリーなどではなく、限られた時間のなかでの話なので、我が儘を言えた義理ではありません。

     

    そんなこんなで、本当に良い番組だったのですが、問題は冒頭に言及した台風(20号)です。徳島県外でPCやスマホで聴いて下さった方は別にして、いつも徳島でFMラジオを聴いておられる人たちにとっては、あの暴風雨の中で、そして避難勧告や避難指示が出されている状況下、それどころではなかったと思います。これでも私は防災士ですので。でも皆さん、安心して下さい。視聴者を大切にするFMびざんは、そんな方たちのために特別に再放送をご用意しました。えっ、最初から決まってましたか(笑)

     

    放送日は明日8月28日(火)の2300〜2359

    しつこいですが、もう一度言いますね。

    PCで聴けます。スマホで聴く場合には、まずは無料アプリのLR(Listen Radio)をダウンロード。少し遅い時間ではありますが、そこは大人の上質な時間です。気にするこたぁありません。Just tune in!

     

    こいつ、何としてでも聴かせようとしとる(笑)

     

    眦菁郢襪離フィシャル・サイト

    http;//www.umihiro.jp

     

    博海堂

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする